素人が任意売却で家・マイホームを購入~リフォーム テレビアンテナ設置しテレビアンテナ線を敷設。

任意売却物件購入そしてリフォーム


テレビを見よう。テレビアンテナ設置とテレビアンテナ線敷設方法

 前家主はケーブルテレビを利用していたようで、今はテレビが映りません。とりあえず映ればいいので自前でアンテナを付けてみようと考えました。

 テレビアンテナは屋内に設置しようとかんがえましたが、どうも屋根の材質が電波を通さないのか屋根裏にアンテナを設置すると受信が出来ませんでした。なので、物置部屋にアンテナを設置して屋根裏のブースタに接続して、ブースターの出力を分配器に接続しようと考えました。

テレビ線配線図

 まずは屋根裏に潜入して分配器の場所を確認します。大体は、屋根裏の柱に止めて有ります。

 アンテナの設置場所と分配器の場所を確認できないとアンテナ線の長さ、配線経路を決めれませんのでちゃんと確認しましょう。

 ケーブルがいろいろささっていますが、この分配器は右側の真ん中が『IN』となっています。今は『IN』にCATV側の配線がささっています。ここに今度設置するアンテナの信号を入れることになります。

分配器を確認

 端が未加工のテレビアンテナケーブル4CF型接栓などの接続部品を調達します。

アンテナ設置部品調達

 テレビアンテナとテレビをつないで、テレビアンテナの設置場所でテレビが映るかどうか試します。問題なく映ればテレビアンテナを固定します。

 今回は、壁にステンレスパイプを設置し、そのステンレスパイプにテレビアンテナを固定しました。

 ステンレスパイプパイプ固定具はDIYショップでも販売されています。

 ステンレスパイプはパイプカッターで簡単に切ることが出来ます。

 今回用意したテレビアンテナは、屋内外兼用でブースタが付属したものでした。

アンテナ設置場所決定

 テレビアンテナを室内に設置するので、屋根裏の分配器側から屋内にアンテナ配線を入れなければなりません。(新たに配線するのが面倒な場合は、部屋にあるテレビコンセントにテレビアンテナの出力を差し込む事で代替できます。映らなければ分配器のOUTとINを調整すれば映ると思います。)

 部屋の照明スイッチの所からアンテナ配線を部屋に引き込みます。屋根裏から見ると部屋の照明スイッチのケーブルが分かるのでそれを目印にしてアンテナケーブルを入れます。穴が小さい場合はドリルなどで穴を大きくしてください。

テレビアンテナ配線設置

 なかなかアンテナケーブルが通りません。デジカメをねじ込んで壁の中を撮影してみました。

 木材がに引っかかってアンテナケーブルが降りてこないようでした。アンテナケーブルを揺らすようにアンテナケーブルを入れ込んだら通りました。

テレビアンテナケーブル壁の中で引っかかる。

 見事テレビアンテナケーブルを室内照明スイッチから引き込むことが出来ました。

 テレビコンセントは値段が高いので、アンテナケーブルをそのまま出せるようにしました。

室内照明スイッチからアンテナケーブルを引き込む。

 テレビアンテナ配線を4CF型接栓で加工すれば出来上がりです。

テレビアンテナ配線を加工する




Copyright (c)2010 atathome.net All Rights Reserved.